元大手証券マンが教える【株式投資の始め方】

投資にも色々な種類がありますが、その中でも株式投資はとても魅力的な投資法の一つです。

株式投資を実際にしている人は昔からやっている年配の方が多かったのですが、最近は新しく株を始める方も増えてきました。

そこで今回は株に興味がある方だったり、これから投資を始める、または始めたばかりという方に向けて株式投資をする上でこれだけは知っておいて欲しい心構えや考え方をまとめてみました。

株式投資とは?

まずはじめに、上場した株式会社の株を購入することで、その企業の株主になれることはご存知かと思います。

本来株式投資とは株を購入して、企業を応援しその企業の業績が伸びる事によって自分にもリターンが出ますのである意味社会貢献なのです。

株式投資は本来、皆が幸せになれる投資です。

ですが適当な銘柄を買っても幸せになれまぜんよね?バブル時ならともかく、いまは銘柄の見極めがとても重要です。

株式投資において数たくさんある企業の中から何処を選ぶべきか?正直これから株を始める方にとってこれが最初の難関ですし迷う方も多いかと思います。

とりあえず色々な企業を買いあさる方や1社に全てを突っ込むという方がいますが、こうした買い方はかなり危険ですから、まずは冷静に銘柄選びをする事から始めましょう。

リスクを恐れるのではなくリスクに備える

株には様々なリスクがあるのも事実です。

  • 会社が倒産してしまったり
  • 上場廃止してしまったり
  • リーマンショックのように世界情勢の影響を受けて暴落してしまう

など株には様々なリスクがあります。

ですがリスクが全くない投資など存在しません。

ですので大事なのはリスクを恐れるより、常にリスクに備えて運用していくことです。

ただこれって頭では分かっていても難しいんですよね。

でも、この難しいことが出来るようになれば勝ち組になることができるのも事実です。

どのような観点で銘柄を選ぶと間違いがないか?リスクを減らすことが出来るか?という事をを常に考えて投資をするようにすればたとえ地合いが崩れたりしても巻き込まれることを限りなくゼロに近づける事は可能になります。

株に絶対成功する手法はない

株で成功するための様々な手法が存在していますが、その手法が、今後も必ず通用するという保障はありません。

たしかに株式投資で成功している人には共通点はありますが、全員が全く同じ方法で勝つことはありえないのです。

ではどうしたらいいのか?

それはリスクを押さえて投資するということです。これは知識を得て自分できちんとリスク管理が出来るようになれば誰でも出来るようになります。

それが出来ない理由はメンタルの弱さだったり経験不足から来るものです。

損したり、退場したことがない人の共通点は「リスクに備えた投資をしている」という点です。

ではリスクに備えた投資をするにはどうしたらいいのでしょうか?

気になりますよね。

リスクに備えた投資が出来るようになる方法

誰でも簡単に出来る方法は実際にトレードをして値動きなどをウォッチングしてみることです。

これは実際に株を買わなくても、値動きを見たり1日の東京株式市場や東京時間の為替の流れを見るだけでも得るものは沢山あります。

ただ実際に株を購入していないと真剣になれないという事もあるかと思いますので少額からトレードをしてみると良いでしょう。

一単元が10万円以下で購入できる銘柄も市場にはたくさんあります。

どの株が割高なのか割安なのか、などは初心者の方には見極めにくいかもしれませんがまずは実際に値動きを見たり、マーケットに関係のあるニュースに目を通したりしながら選ぶようにするといいでしょう。

株式投資は習うより慣れろ

株式投資の勉強をするには

  • 四季報を読む
  • 株関連の書籍を読む
  • 投資セミナーに行く

という方法があります。

四季報などでどんな企業があるのか知識を増やすことも重要です。

株式投資の本を読むのもいいのですが、いざ同じ事をしようとしても資金力の差もありますし、経験値がない状態では上手くいかないかもしれません。

最近は無料の投資セミナーもたくさんありますので、参加して仕組みを勉強するのも良いと思います。

ですが、「習うより慣れろ」という言葉があるように何よりも自分で実際に経験してみるのが一番です。

もしいきなりトレードするのが怖いから練習がしたいということでしたら、デモトレードが出来るアプリやゲームもありますので売買の勉強をして慣れてきたら最初からバイ&ホールドするつもりで銘柄を選ぶのも良いでしょう。

有名な企業の株を購入する

どうしても銘柄選びで悩んでしまうという初心者の方にお勧めな方法は自分がよく知っている有名な企業の株を買うという方法です。

自分がよく知っている企業の株を買うと応援もしやすいですし、何よりも事業内容も自然と入ってきます、さらに店舗があるような企業でしたらそこに行けば経営状況も何となくはつかむことができると思います。

株主優待があると更によし

株主優待がある有名企業の株は配当金の利回りが高い所も多いのでお勧めです。

さらに株主優待を用意している企業は、優待目当ての株主が多いので株価が比較的下がりにくいという利点もあります(優待を廃止にするという可能性もゼロではありませんが・・・)

高配当の企業ですと、ずっと保有していて評価損が出ていても配当金を受けることができる分、安心感もあります。

また、ある程度投資に慣れて来たら、値動きの早い上場したばかりの株や値動きの激しい新興市場の銘柄で利益を取っていく手法も良いでしょう。

まとめ

株式投資には正解はありませんし、負けなければ次があります。

利益を追求したい、投資で勝ちたいと言うのは誰もが思うことですよね。。だからこそ、リスクに備えて負けない投資をすることが何よりも大事なのです。

そのためには1つの手法よりも2つの手法を覚えておいたほうが負ける確率は少なくなりますし、更に沢山の知識を得たらその中から自分にあったトレード方法を見つけることが出来ますので株の勉強も実際の投資と平行して行っていきましょう。