これだけ押さえておけば大丈夫!簡単な銘柄選びの方法とは ?

株式投資には様々なアプローチと手法がありますが、オーソドックスな方法はチャートを利用したものです。

これはチャートには市場に参加する投資家の心理が反映されるからです。そこで銘柄を選ぶ際のコツとして、チャートを利用した方法を一つご紹介します。

これはチャートを利用することによって視覚的に判断できるので、誰でも簡単に実践できる方法です。確率的にも有利に利益を出すことが可能なので、安心して取り組むことができます。

チャートからトレンドを掴む 

株式投資ではチャートを利用する人が多くいます。それだけ信頼性が高いこともありますが、それだけ多くの人が参考にするということは、その心理状態をダイレクトに反映させるものであるとも言えます。

銘柄を選ぶ際には、まずトレンドラインというものをチェックします。これは細かく上下動を繰り返す中で、安値や高値を結んだ線が綺麗に一直線になることを表します。

そしてその線が上向いていれば上昇トレンドであることが、逆に下向いていれば下落トレンドにあることがわかります。

そして安値を結んだ線が支持線、高値を結んだ線が抵抗線と呼ばれています。文字通りに、支持線は下落する株価が反転上昇するものとして、逆に抵抗線は株価がぶつかると反落するポイントとして意識されるものとなります。

購入する銘柄を選ぶ時には、この指示線が上向いているものを選びます。ただし購入した後に、株価がこの指示線を下抜いていくような場合には、すぐに損切りすることが大事です。

これは強い下落を意味するからです。それまで心理的な下値をして意識されていたトレンドラインを割ることによって、下値の下限がなくなってしまうからです。 

トレンドラインは利益確定のタイミングも分かる

トレンドラインは銘柄を購入する時だけ利用するものではありません。株式は購入したならば、売却しないと利益は生まれません。もちろん、配当金狙いで長く保有するのであれば話は別です。

けれども短いサイクルで利益率を高めるような売買をするのであれば、売却するタイミングもチェックすることが大事です。

この場合、高値を結んだトレンドライン、つまり抵抗線を利用することができます。ここに株価がぶつかると、利益確定のために売り注文が増えるようになります。

その結果、上昇を続けてきた株価は下落に転じることになります。ここで保有する現物株を売却して利益を得るか、それとも信用取引を利用して空売りをするかの手段が生れます。

空売りを行えば。保有する銘柄を手放す必要がなくなります。配当金もこれまでのように受け取ることができるわけです。

さらに下落した後に再び上昇に転じたならば、空売りを手仕舞いすることで利益が残ります。それを使って買い増しをすることも可能となるわけです。

このようにトレンドラインを上手く利用することによって、誰でも視覚的な判断で簡単に購入する銘柄を選ぶことができます。

銘柄の選び方まとめ

株式の銘柄選びは、チャートのトレンドラインを利用することで簡単に行うことができます。

安値を結んだ支持線に株価がぶつかるタイミングで購入することにより、高い確率で株価は上昇することになります。

逆に高値を結んだ抵抗線と呼ばれるトレンドラインにぶつかれば、保有する銘柄は一旦決済することで大きく反落することを避けることが可能です。

あるいはその抵抗線を突き抜けて強く上昇したならば、さらなる上昇へと向かうことが予測されます。

このように視覚的に判断できるトレンドラインは、株式投資を行う者ならば誰でも簡単に利用することができます、そして銘柄選びも楽になりますし、どこまで上昇するのかも簡単に目安を立てることが可能となります。