仕手株で資産運用「エクサルタン」

現在お奨めする優良の仕手株

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

バブル為替は円高不況に陥ることに

1980年代前半、当時日本では円安の影響を受けて、輸出産業が非常に好調で大幅な貿易黒字国となっていました。 当時1ドルが250円という今と比べたら相当な円安であったので、海外では安くて質の良い日本の自動車や家電製品などが飛ぶように売れていましたが、その一方でアメリカでは自国の製品が日本の製品に太刀打ちできずに国内産業が悪化。
日本が大幅黒字であるのに対し、アメリカが大幅赤字となる激しい貿易摩擦を引き起こしていました。この激しい貿易摩擦を打破するべくアメリカは円高に誘導する政策を盛り込んだプラザ合意を締結。プラザ合意が決まった翌日には1ドル235円がたった1日で約20円近くも下落しました。
そして、見る見るうちに円高が進み、1年後には1ドル150円台にまで円高が進行。その結果、輸出産業は大きな打撃を受け、円高倒産をする企業が続発し、一時的な不況に陥ったのです。

バブル 為替

1985年秋にアメリカの貿易赤字を止めるために行われた、ドル安誘導政策で、プラザ合意発表直後にはドル円相場が20円も円高になり、そこからも上昇し続け、1985年初には250円だったドル円相場が1987年には120円になります。
日本国内では、激しい円高の影響で輸出企業が大打撃を受け、それを防ぐために利下げを行いました。現在のように低金利時代ではなく、当時は高度成長期の最中にあり、異例の超低金利政策でした。そして、その影響で莫大な金余りが発生し、それらの資金が土地や株式へ流れ込み、バブルを引き起こしたのです。

プラザ合意

プラザ合意とは、1985年9月22日に米国のニューヨークにあるプラザホテルで開かれた、G5(米国・日本・英国・西独・仏の先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)での為替レートの安定化に関する合意をいいます。
この会議は、ベーカー米財務長官が主催し、日本からは竹下登蔵相などが参加しました。

プラザ合意の裏にはレーガノミクス!?

そもそも各国はなぜ、プラザホテルでこうした為替調整に合意する必要があったのでしょうか? その主人公は、アメリカでしょう。単純にアメリカがそれまで高すぎたドルを下げたかったからです。しかしながら、アメリカはニクソン・ショックやスミソニアン協定でドルを大幅に切り下げてきていました。
ドルはすでに十分下落していたのではないか、と疑問を抱く人もいるでしょう。確かに、ドル円は1978年に200円を割り込んだこともありましたが、そこから翌1979年には徐々に水準を戻し1982年には280円近くにまで戻っていたのです。
この背景には、アメリカの金融政策が影響していました。すなわち、当時のボルカーFRB議長が採用したインフレ対策としての高金利政策が、世界の資金をアメリカ市場に惹きつけて、為替市場でのドル高地合いを呼び戻していたのです。
当時のレーガン大統領は【強いドルと強いアメリカ】を標榜して、ドル高を歓迎する姿勢を見せていましたが、実体経済においては、輸出の減少と輸入の増加を通じて貿易赤字の拡大が鮮明になっていました。戦後の積極財政や冷戦下での軍事増大など財政赤字のツケを背負って誕生した同政権は、大規模な減税による景気回復を狙いましたが税収は期待されたほどに増加せず、結果的にさらなる赤字拡大を招いてしまったのです。
1980年に700億ドルとGDP比1%程度だった財政赤字は、1984年には5%超となる2000億ドル台にまで拡大。そして貿易収支は11977年に300億ドルを越える赤字となり、11984年には一気に1000億ドルを突破しました。
経常収支は1982年に55億ドルの赤字に転落した後、1985年にはGDP比マイナス2.8%に相当する1200億ドルにまで拡大しました。こうして世界最大の債権国だったアメリカは、ついに1986年には対外債務が対外債権を上回る純債務国に転落してしまったのです。
レーガノミクスで経済再建を狙った1980年代前半のアメリカは、結果的に経常収支も財政収支も赤字となる「双子の赤字」が構造的に定着し、国内では保護主義の傾向を強めていきました。その本質的な問題はアメリカ企業の競争力低下でしたが、批判の矛先は経常黒字国であるドイツや日本に向けられることになったのです。

お奨めする優良の仕手株2社

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」