仕手株で資産運用「エクサルタン」

現在お奨めする優良の仕手株

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

バブル崩壊後の日本のこれから

バブル崩壊以降、日本の経済状態はどんどん悪くなっていますが、この変化は如実に数字として現れています。特に平均年収はここ十数年右肩下がりになっています。そして、この状況は人口減少の段階に入った今、さらに加速的に悪化していくことが容易に予想されます。

バブル 崩壊 後

消費税の増額、年金や保険料の負担増、年金給付額の減少、どれをとっても今よりもより良くなるとは言い難いでしょう。バブル前であれば、大学を卒業して、会社に就職したら充実した生活を得られるというのが社会の常識でした。しかし、現在は会社に全てを捧げたとしても充実した生活が保障されないということを多くの方が気づき始めています。

経済の原動力は人間の欲

大半の人は贅沢を言っていられないと言いながらも、お金を稼いでもっと贅沢をしたいと考えています。これが人間のもつ欲です。経済活動とは基本的にもっと贅沢をしたいと思う欲が集まったものです。その欲には「稼ぎ」や「豊かになりたい」という願望が含まれていますが、これが経済を成長拡大させるエネルギーになります。
人間には欲があり、欲は果てしなく膨れ上がります。ですので、経済は長期で見ると右肩上がりに成長することになります。

バブル崩壊後を打破したのも人間の欲

1980年後半、バブルが崩壊し日本経済は大混乱に。2003年春頃までの13年間、不況の長期化とデフレの深刻化という泥沼に足を取られ、ただただ沈み行くままの状態にありました。
しかしながら、その日本経済に動きが出てきました。どうにも身動きの取れない状況にあったはずなのに、日本経済の一部に活気が出てきたのです。

終わりのない不況はない

少子高齢化と経済の成熟化が進む日本は、もう成長できないと思う人も少なくないでしょう。しかし、人間には欲があるので経済は必ず成長します。日本経済も例外ではありません。少子高齢化が進み、国の財政赤字や長期債務は膨らむ一途。年金も保険も当てにならなくなってきました。日本経済に明るい期待は持てません。皆が生活を切り詰めようとすれば、日本経済の成長力は限定的とならざるを得ないからです。
1980年代の米国でも同じことを言われていました。巨大な財政赤字と貿易赤字による2つの赤字や、高失業率・高インフレ・高金利の悪循環に処方箋はありませんでした。
しかしながら、その米国経済が突然輝きを取り戻しました。1992年夏からの強い米国の復活は劇的です。統計的には1991年3月から、史上最長の景気拡大を記録したのをご存知でしょうか?米国経済の回復と繁栄を最大限に謳歌しているのは、もちろん米国民です。
あの苦しい当時に、この経済苦境を打破したい、もっと稼ぎたいと願う人々の意欲が米国経済を復活させたのです。人間には欲があるからこそ、米国経済は再生しました。ですので、不況が続いていても、長い目でみれば経済はまた回復する可能性も充分あるでしょう。

お奨めする優良の仕手株2社

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」