仕手株で資産運用「エクサルタン」

現在お奨めする優良の仕手株

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

バブル経済の崩壊と原因

バブルが起きるサイクルは10年から20年ごとと言われています。最近起きたバブルと言えば、2007年頃の米国不動産バブルです。その前が1990年代後半のITバブル、その前が1980年代後半のバブル経済。このことから分かるよう、バブルは10年から20年のサイクルで起こっているのです。

バブル 経済 崩壊 原因

時代を遡っても、戦争バブルや戦前に起こったバブル、運河バブルや鉄道バブル、自動車バブルなど、どの時代にもバブルは起こり、様々な歴史があります。
世界に流通しているお金の大半は信用取引(借金)です。お金とは創造で作られた借金なのです。株式取引や為替取引でも、信用取引やレバレッジなどがあります。バブルが発生する時も崩壊する時も、信用取引(借金)の大きさによって、バブルの大きさが決まるといっても過言ではありません。

バブルが発生する要因

まず、第一にマクロ的な要因でのバブル発生が挙げられます。これは、不動産や株価など、金融商品全般の価格が高騰し、それが経済全体に影響を与えるタイプのバブルです。
1980年代後半の日本のバブル経済や2007年頃の米国不動産バブル、現在の中国経済のバブルなどがこれに該当します。
マクロ的なバブルはお金の過剰供給で発生します。マクロ的なバブルは、経済全体としてお金が余っていることで引き起こされると考えられています。
長期の株価を見ると、多少上下があっても、その動きは基本的にマネーストックの動きと連動しています。お金の量が増えていけば株価や不動産価格もそれに合わせて上昇していく仕組みになっています。
しかし、株価がマネーストックの動きと全く同じように動くとは限らず、株価はマネーストックの水準に上下運動を繰り返しながら継続的に上昇していると考えられていますのでマネーストックの水準と大きくかけ離れて株価が上昇すると、バブルが発生してしまうのです。
次に挙げられるのは、イノベーションを材料とした個別要因によるバブル発生です。
2000年前後のITバブルがその代表格で、新しい技術が登場するたびにこうしたバブルが発生してきました。 マクロ的なバブルとイノベーションを材料としたバブルも、基本的には、様々な資産から株式にお金が流入して、それに信用取引が合わさって起こる現象です。
マネーストックの水準を超えて株価が上昇している時には、他の資産からお金が流入していて、逆に、株価が下落している時には、全体のバランスを取るために他の資産にお金が流出しています。他の資産とは、債券やコモディティー、金やプラチナなどが挙げられます。

中国経済が与える最悪のシナリオ

いつ来てもおかしくないと言われているのが中国のバブル崩壊です。 現在発表されている中国の統計データ自体も、偽装された数字である可能性も否めませんし、バブルが崩壊することになれば、経済の落ち込みはとんでもなく酷いものになり、偽装した経済指標世界が公になれば、世界経済にも大打撃を与えることになるでしょう。リーマン・ショック以上の経済ショックとなることは確実です。株式市場は大きく暴落。
信用取引でレバレッジを効かせている投資家は、逃げきれず、大損して手仕舞いする人が多数出るでしょう。為替も大きく乱高下!!パニック的な投げ売りが続き、そして中国の、資源・エネルギーを始めとした様々な需要の激減は、商品市場も暴落させることになり、関連する様々な産業は大打撃を受けます。
アメリカ経済は好調ではありますが、中国バブルが崩壊することになれば、金融市場が大打撃を受けることになり、恩恵をこうむっていた個人投資家が大打撃を受け、それに引っ張られて不動産価格も大きく下落、資産価値増加によって引っ張られた個人消費は激減してしまいます。
このような暴落を事前に察知することができれば損をすることはなく、逆にチャンスに変えることも出来ますので、マクロ経済の情報収集も欠かさずに行いましょう。

お奨めする優良の仕手株2社

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」