仕手株で資産運用「エクサルタン」

現在お奨めする優良の仕手株

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

アベノミクスバブルについて

国会ではアベノミクスの是非を巡って与野党の論戦が繰り広げられています。しかしその内容にはあまり意味を感じません。中でもアベノミクスの中核的な政策である第一の矢「金融緩和」について左派系マスコミや野党は批判を繰り返しています。しかしその批判は経済論理に基づく反論では無く、短期的な経済統計上の数値をあれこれひっぱり出してきて、ああなった、こうなったと、結果論から重箱の隅を突く様な話ばかりになってきました。

アベノミクス バブル

アベノミクスが採用する大胆な金融緩和政策は決して奇抜な発想ではなく、それらの政策を裏付ける理論も世界的に広く知られているのはご存知でしょうか?
この金融緩和はリーマンショック以降の金融危機に対してすでにアメリカFRBが先行して取り組んできた方法論であり、アメリカでは実際にその効果によって景気が回復し失業率も改善しつつあり、FRBもいよいよ利上げに踏み切ると発表しています。ですから、日本でも金融緩和政策が成功するだろうと多くの投資家はその頃から株を仕込んでいたでしょう。
アベノミクスが成功した後、日本経済はどうなるのか?回復した経済がそのまま順風満帆に進んだ例は歴史的にもありません。必ずバブル崩壊による景気後退期が訪れることが想定されます。
そこに向けて今からどのような政策を展開するのか?金融緩和政策によって世の中のおカネを増やせば経済がバブル状態になるでしょう。しかしその結果として景気は良くなり、国民の所得は増え、失業率は改善し、福祉は充実し、財政は健全化すると思われます。
では逆に金融緩和を止めてバブルを潰せばどうなるでしょうか?失われた20年のように、景気は低迷したまま、国民の所得は減少し、失業率は悪化し、福祉は損なわれて財政は破綻するでしょう。
もはや現在の経済はバブルなしに立ち行かないと著名な経済学者も指摘しています。例えば元米国財務長官サマーズ氏は「バブルなくして経済成長はない」と分析しています。
今の時代にバブルは必要悪なのかも知れません。しかしバブルは長続きしません。現代の経済はバブルとバブル崩壊を延々と繰り返しています。実際に過去を振り返ってみれば1990年代の日本のバブルの後にも、ITバブルがあり、米国の住宅バブルがあり、いずれもバブルのたびに経済は好調となりましたが、その後に崩壊して世界経済は混乱しました。
高度成長期が終ってからというもの、バブルを伴わない好景気は存在していないと思われます。好景気とは常にバブル崩壊へ向かう途中の状況に過ぎないのです。ですからアベノミクスで日本経済が景気回復することは間違いないと思われますが、やがて間違いなく崩壊するでしょう。ですので、しっかりと情報収集をし、その時に備えておくことは必然です。

お奨めする優良の仕手株2社

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」