仕手株で資産運用「エクサルタン」

現在お奨めする優良の仕手株

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

アメリカ株バブル崩壊の歴史

1987年10月19日、ニューヨーク証券取引所の株価が大暴落しました。その影響を受け、翌日20日には東京証券取引所でも株価が大暴落。19日が月曜日だったことからブラックマンデーと呼ばれています。

アメリカ 株 バブル

大暴落した原因は、巨大な財政赤字と貿易赤字による2つの赤字を抱えるアメリカ経済に対する不信感、先進国の協調体制の足並みの乱れに史上が危機感をつのらせたためと言われています。
この日ダウ平均株価が前日比で508ドル安マイナス22.6%という史上最大の暴落を記録しました。市場は世の中の動きを敏感に察知して動いていますので、アメリカ経済に対する不信感は市場を揺るがせるのに充分な材料となりました。

日本・ヨーロッパにも飛び火

翌日20日、前日のニューヨーク株大暴落を受けて始まった東京株式市場でも、売りが殺到し、日経平均株価は1日で前日比3,836円安という市場最大の下げ幅を記録しました。
東京市場も大幅に下げたことにより、ヨーロッパの株式市場にも大きな影響を与え、欧州株も軒並み下落し、日米欧同時暴落となりました。
この事件は、アメリカ経済の破綻が世界に与える影響がどれほど大きいか、また日本の株式市場が海外の動向に大きく影響されることを示しました。

世界大恐慌

1987年のバブル崩壊よりも前にもアメリカのバブルは崩壊しています。史上最も有名な株価の大暴落がウォール街大暴落だと言われています。1920年代のアメリカの景気は凄まじく、様々な経済学者や経営者から新時代と呼ばれるほどでした。
1927年には、信用取引や融資型投資信託などが開始され、国民全員が株を持つように。投資熱が高まりすぎたため、1929年春に中央銀行は金利上げを示唆。アメリカの株価が徐々に上昇し、急激に上昇しアメリカに株式投資ブームが起きました。
NYダウは、1929年9月3日に最高値を付けましたが、その後下がり、ついに大暴落の最初の日10月24日を迎えます。その後、10月28日(ブラックマンデー)、10月29日(ブラックチューズデー)で10%以上の下げを見せ、株価崩壊が起こりました。
その後、NYダウは1930年に一旦は上昇しますが、世界的不況の世界恐慌に入り、1932年7月8日まで下落。 その後アメリカの経済が完全に回復するまでに30年近くと長い歳月がかかりました。

お奨めする優良の仕手株2社

投資助言をする業者は沢山存在しており色々な業者がいますので注意が必要です。当サイトがお奨めする仕手株を使った投資助言はこちら

投資顧問「青島」

株式投資で勝つための仕手株やインサイダー情報

仕手株「ゼウス」

仕手株で資産200万を6ヶ月で300万円にする「ゼウス」