株で成功するには

株の世界には「まず自分の好きな企業の株を買って慣れろ」という言葉があります。

私もその言葉に従い、最初は自分の好きな企業の株を買うことにしました。

「キングジム」という文具メーカーが私の好きな企業でした。

東証一部に上場しており、奇抜な商品を販売して熱狂的なファンを生み出し続けている企業です。

そのキングジムの株を何株か買い、私は今後に向けて知識と経験を蓄えるつもりでしたが......そう簡単にはいきませんでした。

流動性の低い株は売り逃げが難しい

キングジムは東証一部に上場しているものの、お世辞にもあまり有名な企業ではありません。それは株の世界でも同じようで、値動きと出来高が極端に低い銘柄なのです。

2015年6月頃に買ったのですが、確か当時は1ヶ月に50円程度しか値動きがありませんでした。しかもどんどんと値段が下がっている時期だったので、私はすぐに株を売り撤退することに。

売るときもかなり苦戦したことを覚えています。何せ出来高が少ないので、板も物凄く薄かったんです。

かなり値を下げて売りに出せば即座に約定しますが、損失が広がるというキツイ状況でした。

損してもすぐに逃げられるように流動性の高い銘柄を売買する

確かに自分の好きな株の方が決算書などを読む気になりますし、取引でも優位に立てる機会が多いです。

しかし売買する場合は「自分が好きな企業で、なおかつ流動性の高い銘柄」である必要があります。

いくらその企業が好きでも、キングジムのように流動性の低い銘柄は初心者には向いていませんでした。

というのも、流動性が低いと1回のミスで致命的な損失を被ってしまうことも珍しくありません。私が最初にキングジムを買ったときは100株だったので幸いにもそれ程損はしませんでしたが、これが数千株だったらと思うと怖いですね。

板が薄いので一度に売れず、最悪何日もかけて売らなければいけません。

他の好きな企業に「シャープ」があります。こちらの方は毎日のように盛んに売買されているので、多少下手な売買をしてしまってもすぐに逃げられます。

キングジムに非はありませんが、当時はシャープから売買を始めれば良かったと後悔しております。

最初は経験値を積む為に売買をするべき

私はキングジムを最初に売買した後、「普通のやり方では稼ぐことが出来ない」と感じすぐにデイトレードへ移行し、そして大損失を経験しました。

もしあの時、流動性の高い好きな銘柄で取引の経験を積むことが出来ていたら、大損をし、相場から撤退することもなかったと思います。

これを読んでいる株初心者の方は、是非とも流動性の高い好きな企業の株を"中長期的に"保有し、株に関する経験を積んでいただければと思います。