株でコツコツドカンの先例を受けたお話

株でよく使われる用語に「コツコツドカン」と呼ばれるものがあります。

これは利小損大とも言われ、利益が小さく損が大きい状態のことを指しています。

最初に株を始めたときはまさかこの状態にはならないだろうと思っていましたが、毎日のようにトレードを繰り返していた私は見事「コツコツドカン」を経験してしまうことになりました。

勝ち目のない銘柄にも手を出す

利益を出せず、損失だけがドンドンと膨らんでいった私は次第に焦るようになりました。

毎日のようにトレードを繰り返し、少しでも早く稼ごうとしていたのです。私のような初心者投資家も、数ヶ月すれば徐々に勝ち方を覚えていきます。

コツコツと収益を稼げる時期もありました。

しかし稼がなくてはいけないという焦りから、「勝ち方の知らない銘柄」にまで手を出し、ドカンと損をしてします。

コツコツ稼いでドカンと溶かす。いつしかそれが癖になっていました。

親しい株仲間に「最近コツコツドカンばかりで嫌になる」と相談をしたところ、こんな言葉が返ってきました。

「そもそもちゃんと銘柄と手法の研究をしていたら毎日なんか取引できない。勝てる奴は得意な場面でしか取引しない」と。

そのとき、自分の手法が絶対的に間違っていることに気付きました。

取引を見直せばコツコツドカンは避けられる

コツコツドカンをしてしまう人は株取引が下手なイメージがありますが、実は「コツコツ」ながらも利益を出すことは出来ているのです。

あとは「ドカン」と損をするのをどうにかすれば、年間収支をプラスにすることだって出来ます。

私は毎日無理をして株取引をしていましたが、「これは絶対に勝てる」と確信して購入した銘柄はあまりありません。

月に数名柄もなかったと思います。確信がないときは「なんとなく」で取引していたんですね。

これではドカンと損をしてしまっても不思議はありません。

相場から一時退却するぐらい大損をしてしまった私ですが、「勝てる」と確信のあった銘柄にだけ絞って売買をすれば、普通に利益を出すことが出来ていたのです。

おそらくコツコツドカンをする人は私のように、勝てる確信がないのに取引をしてしまっているケースが多いと思います。

これだと最終的には損をしてしまう確率が高いです。

勝てるときだけ取引をする

当たり前のことですが株式投資は誰に強制されてやるものでもありません。

取引数や利益額などのノルマがあるわけではないので、自分が「勝てる」と確信したときにだけ取引をすればいいのです。

コツコツドカンにより結構な損失を出してしまいましたが、この大事なことに気付けて良かったと今では思っています。