株の有名トレーダーを参考にした勝ちから学んだこと

Twitterには年間数千万クラスで収益を叩き出すような凄腕トレーダーさんたちがたくさんいます。

こういったトレーダーさんたちは銘柄に関する呟きをたくさんしているので、一時期私はあるトレーダーさんの呟きを投資材料にしていました。

確かにそのトレーダーさんの分析は正しく、ドンドンと予測を的中させていきました。

私もその恩恵を受け、調子が良いときだと資産の10%近くを儲けることすらできたのです。しかし、いくら儲かったとしても他人の意見に流されて株を売買することはおすすめしません。

投資家として決定的な能力や勘が身につかなくなるからです。

勝ち方が分からず、他の投資家の動きを真似する

2年ほど前、株価の分析をどうやれば良いか分からなかった私はTwitterにいる凄腕トレーダーの呟きを投資材料にするようになりました。

当時は自分で分析をするのが面倒でしたし、手っ取り早く資産を増やしたかったのでそれが1番確実だと思っていました。

Twitterの中には「凄腕トレーダーっぽいことを呟いて人を集め、投資商材などを売りつける」というアカウントもいます。

しかし中には本当に自分の考えをまとめる為だけにTwitterで銘柄情報を呟いているトレーダーさんもおり、そういった人の呟きは非常に参考になるのです。

ですがそういったアカウントの呟きを盲信し、自分では何も考えずに売買をしてしまうのは非常に危険なことです。。

他の人を真似して勝っても意味がない

投資アカウントの呟きを参考にし、私は着実に利益を伸ばしていきました。しかしそんなある日、その投資アカウントがいきなり銘柄に関する情報を呟かなくなってしまったのです。

「何があったのですか?」と私が問うと、「批判が多くて面倒になったからもう銘柄に関する考えは呟かない」という答えが返ってきました。

その投資アカウントは売買のタイミングについても詳しく説明していましたが、中には売買のタイミングを逃し、損をして叩くようになった人もいるのでしょう。

私はその時、高橋カーテンという銘柄を握っていました。確か開示情報が出て、その投資アカウントが「これは株価が上がる」と宣言していたので購入したのでした。

実際、高橋カーテンは翌日にかなり上がり、私もいくらかの利益を得ることができました。

しかし残ったのはちょっとした小銭だけで、株に対する知識などは一切残りませんでした。そうです、他人の情報や意見に流されて銘柄を売買していたら、絶対に分析力などは身につきません。

一時的に儲けられるようになっても、長期的に儲けることは不可能です。

その情報や意見を流してくれる人がいなくなったら何も出来なくなりますからね。そのことに私はようやく気付けたのです。

自分で分析して勝つことが何よりも大切

株価は自分だけではなく他の投資家たちの動きによって決まってくるものなので、つい自分の考えに自信がなくなり、周りに流されてしまいがちです。

しかし、それでも株の世界では「自分の考え方」を大事にするのが何よりも大切だと思います。

自分で考えて売買すれば、例え失敗しても「ではあの時どうするべきだったか」と失敗を糧にすることが出来ますからね。

これを読んでいる方も、是非とも自分の考えを大切にして株の世界に臨んでいただけたらと思います。