低位株の魅力と優待と変動確立

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

株の売買は一昔まえまではお金のある人しかできないみたいなイメージがあったと思いますが、今は口座の開設するれば5000円もあれば取引できる株があるんです。

その代りに買える株の数に限りがありますので、莫大な利益を得るのは少し難しいですがうまくいけば多少ですが利益をえる事は可能です。

コツコツ利益を上げながら、チャートや情報収集の勉強をしていけば、利益が上がれば変える株の単価も上がりその分利益も上がります。また5000円では利益もすくないですが、何せリスクも少ないのも史実です。

低下株の魅力ってどんな所?

なによりも初心者にとってはリスクが少ないという点が一番大きいのではないでしょうか?誰もが儲けたいと思い株を始めると思いますが100%株で勝ち続けるのはまず不可能です。

それまでに、チャートの読み方・IRチェック・などなど利益をだしていくには様々な事を把握・収集していかなくてはいけません。いきなり10万位から買って暴落塩漬けみたいなこともなきにしもあらずです。

ですが低位株は少額で始められますし、おこずかいの少しをまわしてみて利益を出せるように勉強しながらコツコツしていくのに最適ではないでしょうか?最悪下がっても少額であれば上がるのをまってもそんなに痛手には漢字ないと思います。

資金をもっている人にも低位株はお勧め

低位株は100株また、1000株当たりの単価が低い為購入枚数が多く購入できるという利点があります。

株主優待には持ち株数に置いて優待内容がかわってくる事もあるので条件のいい優待が受けれたりお金をもらえたりするんです。

低位株は高騰する可能性を秘めている

私の例で言うと14円→1400円が29円→2900円に5000円なら1400円を300株買えて2900円で売れば数日前まで5000円が10700円に大変身。これがまた2~3週間位の間で起こったのです、これもまた夢がありますよね。過去には3桁株が4桁になったこともあります。

低位株のデメリット

保有株数が多いと言う事は確かに利益は上がりますが、損益も増えるという点は押さえとかないといけません。

先ほど少しふれたのですがこれが自分のなかでは一番の魅力に感じている事なのですが、変動した時の幅がすごいということです。

実際の詳細な情報は末端の人間では入手困難な事も多いです。ですが、会社がだすIRでや関連企業の業績などで火山のように株価が跳ね上がる事があり、それは急にきて気が付けば株価は高見になんて事もあります。

この変動が短ければ2~3週間、3ヵ月後には噴火前の株価になんてこともあります。このことから低位株には時より資金が流れ込み噴火上昇が起こります。

様々な方に低位株はお勧め

今回は低位株の魅力を書きましたが、あくまでも下で株を買い、高値で売れたと言う条件です。

株だけではないですが、何かを得る為にはリスクはつきものです。しかし、誰しもが最小限のリスクで留めたいと思うのは当然の事でしょう。

利益は少しですが、噴火にうまく乗れればいい利益にもなりますし素人が大金をいきなり投入して大きなリスクを背負うよりかは小さなコツコツから始め株に焚いての知識を得るまでの糧にするには低位株は最適な教材だと私は思います。

株はビギナーズラックだけで行っている人も中にはいるかもしれません。しかし、局面局面で生かされるの過去に身につけた知識と経験です。今から株を初めようととしている人がいればぜひ低位株から初めて見たください。