丸三証券講演会(講師:杉村富生氏)というセミナーに参加した感想

私は今年の6月13日に行われた丸三証券講演会というセミナーに参加しました。

講師は丸三証券の経済調査部長と、株式評論家として高名な杉村富生氏です。

私は、10年以上前から杉村富生氏が個人で開設しているホームページを毎日のように閲覧し、その日の相場概況と、今後の株式市場の見通しについてのコメントをチェックしてきていました。

また、杉村富生氏が毎週水曜日の15時10分から出演しているラジオ番組も、必ず毎週聞いているくらいのファンです。

杉村富生氏の素晴らしい点は、相場の分析が的確であるということと、休むべき時は休みなさいと個人投資家にはっきり言ってくれることです。

杉村氏の相場分析とこれからの相場に対する洞察が外れたことは、あまりないと記憶しています。

だからこそ、丸三証券のセミナーに参加して、直接杉村富生氏の話を聞き、セミナーでしか聞くことができない話があるのではないかと考え、出向いて行ったのです。

丸三証券講演会の感想

幸い、このセミナーは丸三証券に口座を開設している人ならば、誰でも無料で参加することができました。

杉村富生氏の話は、今年前半の東京市場の振り返りと今年後半の相場見通しであり、セミナー後半では今狙うべき個別銘柄をいくつか挙げられていました。

まず、今年前半の東京市場の振り返りという点では、やはりアメリカのトランプ大統領に振り回されているという見解でした。

トランプ大統領は保護貿易主義を唱えており、仮に極端な保護貿易が実現してしまえば、世界経済の貿易総量は収縮してしまうため世界経済のトレンドは景気後退に陥る、ですので今はトランプの政策がどの程度実現するのかを世界中が注視しており、一方的に株価が上昇する環境にはないとの見解でした。

さらには、夏の時期には「高値波乱が発生する」と予言されていました。

推奨銘柄で利益を上げられた

セミナーの後半では、推奨できる個別銘柄をいくつか述べられていました。

そのなかでも、とくに札幌アンビシャスに上場している「RIZAPグループ」を強く推奨されていました。

この銘柄は複数の上場企業に投資をしており、投資した企業の経営改善に取り組んでいるだけでなく、それぞれの上場子会社の株価が上昇している。そのため「RIZAPグループ」の株価はこれから大きく上昇するに違いないと言われていました。

実際、それから「RIZAPグループ」の株価はほぼ倍増したわけですから、私自身も利益をあげさせていただきましたし、大変満足のいくセミナーでした。

杉村先生のセミナーは、また機会があれば行きたいと考えています。