ヨーカドーの株主優待まとめ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セブン&アイ・ホールディングスの株主優待はありませんが、配当は2014年2月実績で1株あたり年間68円(100株で6800円)の配当と、配当利回りは高めです。また2006年2月期からの配当の推移が公表されていますが、2007年の52円から2014年の68円まで順調にほぼ毎年配当が上がっていて、2015年の配当予想も70円となっています。

ヨーカドー 株主 優待

セブン&アイ・ホールディングスは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、そごう、西武などを傘下に持っている日本でも大手の流通持ち株会社となります。通称はセブン&アイですが、セブンアイと略することもあります。

セブン&アイ・ホールディングスの会社情報

会社名
セブン&アイ・ホールディングス
英字表記
SEVEN & I HOLDINGS CO., LTD.
URL
http://www.7andi.com/
概要
総合小売業で国内2位。金融が成長。傘下にセブンイレブン、ヨーカ堂など。
業種
小売業
テーマ
[TOPIXコア30][コンビニエンスストア][総合スーパー][百貨店][ショッピングセンター][ドラッグストア][ネットスーパー][インターネット通信販売][モバイル通信販売][eコマース][オムニチャネル][O2O][フランチャイズチェーン][プライベートブランド][内食][弁当][大衆薬][クールビズ][ドーナツ][コンビニコーヒー][野菜ジュース][小売り][農業経営][電子マネー][個人消費関連][電子政府][電子書籍][ディスカウント][24時間営業][駅ナカ][外食][宅配][花見][花粉症対策][水素ステーション][排出権取引][日経中国関連株50][中国関連][アジア関連][国際優良株][JPX日経400]
比較される銘柄
<8267>イオン、<8028>ユニファミマ、<2651>ローソン

会社プロフィール

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンを中心としたコンビニ事業が主力。2005年設立の純粋持ち株会社。セブン(コンビニ)のほか、イトーヨーカ堂(スーパーストア)、デニーズ(レストラン)、セブン銀行など複数事業を展開。06年にそごう、西武百貨店を傘下に持つミレニアムリテイリングと統合。近年はいつでもどこでも製品を購入できるオムニチャネル戦略に重点を置き、通販大手ニッセンなど買収。