株の仕手戦とは

仕手株は数日で終わることもあれば、数年かけてじっくり行う手法もあります。

しかし、目に見えるよう株価が急騰してからは割と終わりは早いです。終わりといっても大半の仕手銘柄は終わったと見せかけ再度上げてくることや、同じ銘柄でもう1度仕手戦を行うことも珍しくありません。

株の仕手戦

仕手戦を行う前に、仕手筋は必ず安い玉を集め終わっています。時間を掛ける場合は数ヶ月間かけて玉集めをするので余程注意していないと気付きません。

この場合は仕手筋が故意にレンジ相場を演出しレンジの下限で厚い買い板を出し上限で厚い売り板を出します。

しかし玉集めが思う様に進まないと利確を誘って突然下値を数%切り上げて来ることもあります。そして仕込みが進めば今度は厚い売り板を出し狼狽売りを誘ったり、逆指値狩りなども行います。

例えば数日~数ヶ月狭いレンジのボックス相場が続いている途中で突然株価が目立って上下したら玉集めの可能性が有ります。

仕手筋は比較的人気の薄い銘柄に介入することが多いです。理由は、普段から注目されていない銘柄は我慢比べになればまず売らされる確率が高いからです。

また多少注目されている銘柄でも売値と買値の幅を拡げることで個人投資家の売買が成立するのを妨害する効果があるのです。

玉を集めたら、仕手筋はいよいよ動き始めます。

仕掛けるタイミングが近づくと株価を故意に動意付かせて市場の反応を見ると同時に注意を惹く行為を行います。

ここで、いよいよ動き出すと察知した個人投資家などは一足早く仕手株に乗ります。
こうした仕手筋の揺さぶりは仕掛けの数日前であったり、時には当日ということもありますが、間もなく仕手戦が始まるということは間違い有りません。

仕手株を買うタイミング

玉集めを疑う事象を発見した時に仕込めば、予想通り仕手戦に突入した場合短期で大きく稼げます。しかし見込み違いの場合は早めに撤退しましょう。以下に買いのタイミングと思われるケースをまとめてみます。

  • 玉集めの形跡に気付いた時点で打診買い
  • 出来高急増が2日続いた場合は打診買い
  • 怪しいと睨んだ銘柄に突然空売りが増えたら打診買い
  • 突如大陽線が出現した場合は確実性が増したと判断し打診買い

以上、仕手株は資金効率が極めて高い反面ギャンブル性も高いので不用意に参加すると危険ですので取引する場合は十分に気を付けましょう。